ユーグレナは燃料にも

ユーグレナというとあまり聞き慣れない人もいるかも知れませんが、実はミドリムシというと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 ユーグレナは血圧の上昇、脳卒中なども抑え、免役力を高める効果があります。 しかし、今ユーグレナが次世代の燃料として多くの企業が注目しています。 先日もミドリムシ燃料のいすゞのバスが始動されました。v また羽田から石垣島行きの便にはミドリムシによるバイオ燃料を使用したユーグレナ航空も現実にあるのです。 飛行機燃料はジェット燃料ですが、軽油のような軽質燃料が条件ですが、このユーグレナオイルは軽油より軽い灯油が使われています。 またサトウキビやトウモロコシのバイオ燃料の問題は食料品との競合があります。 つまりこれらを作ることで食品の価格暴騰につながります。

しかし、ユーグレナなら食品の価格に関係なくどんどん生産することができるのです。 またヤシ油などに比べて15杯以上の生産が可能だというのもたのもしい限りです。 石油は二酸化炭素を空気中に増加させるのは知られていることですが、ミドリムシは二酸化炭素を吸収して光合成で育つので、プラスマイナス0で空気中には二酸化炭素の増加はないのです。

つまりとてもエコで循環型の燃料ということになります。 温暖化の今だからこそこのミドリムシ=ユーグレナの燃料が今みんなが注目しているという大きな理由なのです。 これからの次世代エネルギーと言われるのも納得です。